スタイリスト 小代 洋之

小代 洋之


1978年3月東大阪生まれ。幼少時代は毎日近所の友達と自由気ままに遊んでました。そんなこんなで高校の時に出来た友達が、皆オシャレでハデ好き・・・気づけば自分もオシャレが大好きになってました。

髪型に興味がふつふつと湧いてきたのはそこからです。美容学校に通い、今の自分が美容の仕事の楽しさを初めて感じたのは、卒業して一年目、まだ右も左も良く分かっていない5月。姉の結婚式・・・はい、頼まれました。ウエディングの時のアップセット(;ω;)もーホントに必死ですよ。

時間見つけてはレッスン!レッスン!毎日ドキドキ!!何って言うても一生に一度の花嫁姿。写真にも残るし!!でも前向いて一生懸命にやるの楽しかったです。セットもばっちりでした!!!
そして喜んで貰えたのが何よりホントに嬉しかったです。

これをきっかけに早く一人前になるため、コンクールにも優勝するため、
大阪府の知事、市長からそれぞれ賞状をいただいたり・・・コツコツとここまで来ました。やっぱりボクはコツコツが似合うみたいです(笑)。どんなことがあってもサボらず続けてきた美容の仕事、そのおかげで今は毎日がとっても楽しいです。

アシスタント 尾村 一馬

尾村 一馬


好きなこと:絵を描くこと 蝶ネクタイ探し
好きな動物:ネコ

1990年9月八尾市生まれ。小さいころから絵を描いたり折り紙をしたりと、そんな細々としたことが好きな子でした。
そのころから美容師の父の姿を見て漠然と自分もいつか美容師になるんだろうな~とかごくごく簡単に思っていました。

ところが高校に入学しその中で色々な進路へ進む友人らを見て、
「ホンマに美容師になりたいんやろか?」
と疑問を持つ自分に気づいたのです。
進路に悶々とする中、父の誘いで店を手伝うことになりました。

仕事は雑用ぐらいしかできませんでしたが、いつもと違う顔の父…
流れるような手さばき…そしてキレイになって笑顔で「ありがとう」と帰っていくお客様…
そんな光景を目の当たりにして改めて美容師になりたいっと強く思うようになりました。

それから専門学校を卒業し、今では美容師の仲間入り。
あの頃感じた気持ちを忘れずに1人でも多くのお客様をキレイに、そして笑顔にするため今日も頑張ります!

このページのトップへ戻る